恥ずかしい、顔や頭の汗を何とかしたい。

わき

私は以前から汗っかきだったのですが、学生の頃は運動部で汗を掻くくらいで、自分だけではなかったのでそんなに気になるものではありませんでした。

 

それが大学生あたりになった頃から自分の汗がちょっとおかしいかも…と思い始めました。大学時代に一番恥ずかしい思いをしたのは、初めて行った合コンでした。

 

ちょっとバイトが長引いて、遅れて集合場所に着いた私は、急いでいた為すでに汗びっしょり。

 

冷房の効きが弱いお店だったのか、その後もなかなか汗は止まらず。他の女子はみんな涼しげで落ち着いているのに私だけ頭や顔が汗だらけでメイクもほとんど落ちてしまっていたことに気付き、心底落ち込みました。

 

当然、男子と仲良くなることなんて出来ず。その時に初めて汗っかきの自分をなんとかしたいと思うようになり、汗を押さえる工夫を模索し始めました。

 

一番初めにしたのは水分をなるべく抑える努力だったのですが、これはNGな行為だったようで、汗を抑えるどころか貧血ぎみになってしまいました。

 

それからは水分は我慢せず摂るように気を付け、体温調節に気を付けるようにしました。

 

それまでは夏の終わりでちょっと暑くても早めに秋物の服を身につけたりしていたのですが、それが汗をよく掻く原因かもしれないと思い、常に適温を見極め、自分の心地良いと思う温度で過ごせるように気を付けました。

 

これが一番良かったと思います。頭から汗を掻くということがほとんどなくなりました。あとは、汗を掻きにくくする食べ物というものを友人から教わり、なるべく辛いものや発汗作用のある食べ物は避けるようにしました。

 

わき

例えば、豆腐や納豆に含まれるイソフラボンが汗を抑えるのに効果があるらしいので、積極的に料理に取り入れるようになりました。それでも化粧が崩れてしまうのを防ぐために、なるべく化粧崩れしにくい化粧品を選ぶようにしました。

 

これらを気を付けることで、かなりの効果があり、それからは頭汗や顔汗で恥を掻くことがなくなりました。

 

女性はやはり外見のことで何かヒソヒソ言われたりするととても気になるもの。

 

でもそれが逆に治してやる!とやる気に繋がることもありますよね。私にとってはあの合コンで笑われたことが汗っかきを治すきっかけになったので、今では感謝しているぐらいです。

 

汗を調節できるようになった今でも、食生活を気を付けたり、今は漢方でも汗対策が出来ると聞いて興味を持ったので、試してみようかと思っているところです。